カテゴリー:松本市

信州長野の田舎の生活を紹介します。

  • 松本市

まるみつ中華そばのらーめん

 

ぼくの住んでいるところのすぐ近所にラーメン店がオープンしたのでさっそく行ってきました。

 

その名も、「まるみつ中華そば」です。松本では超有名なラーメン店、寸八(ずんぱち)が経営してるお店ということです。

 

タダ券がポストに入っていたので食べに行ってきました。

 

タダ券

 

実は、前日にポストにタダ券が入ってました。

 

「まるみつ中華そば、2月8日オープンいたします!」この手書き感がいいですね。

 

あぶない、あぶない!危うく捨てるとこでした。よく読んでみると、オープン当日は一杯無料ということです。

 

これは行ってみるしかないですね。

 

なんと、誰もおらず一番のり!、まるみつ中華そばの最初の客です。

 

まるみつ中華そばの入り口

 

11時開店で、ぼくは10:50ごろには到着しました。既に行列ができてるかとも思ったんですけど、誰もいませんでした。

 

なんと、一番のり!この店ができて最初の有料客です!って言ってもタダ券ですけどね(笑)。

 

店内では、接客の練習をしているようで、「いらっしゃいませ~」なんて声が聞こえてきます。接客には十分気を使っているようです。

 

でも、ぼくが外で並んでいるときは、従業員が外へ出てきても何も言いませんでしたけどね。完全無視。

 

こういうところで本当の接客の態度が出てくると思います。寒い中、外で待ってるんです。外へ出た際は、例えオープン前であっても「いらっしゃいませ、ありがとうございまます」の一言があった方がいいですね。店内だけが接客じゃないんです。

 

なんか無視されたって感じで、あまり気持ちはよくありませんでした。

 

まるみつ中華そばの記念すべき一杯め!さっそく実食です。

 

ラーメン近影

 

まぁ、そんなことはどうでもいいとして・・・今回は背脂なしのごくノーマルな中華そばを注文しました。これがまるみつ中華そばのラーメンです。

 

きました!開店一番のりの、まるみつ中華そば!

 

背脂なしの、普通のオーソドックスなラーメンです。

 

やや太り気味の男性店員もニコニコ笑って、「最初のラーメンです!」って持ってきてくれました。

 

醤油ベースに、魚介の出汁がきいてます。上に乗っているのはのり、たまねぎ、チャーシュー、メンマ、三つ葉です。

 

お金を払ってないので値段はわかりませんが、けっこういい値段してると思います。

 

麺はストレートのやや細麺、ツルツルとして歯ごたえはいいです。

 

醤油はあっさりとして喉越しのよい味です。魚介の出汁が濃すぎず薄すぎずって感じです。でも醤油の味が強いかな・・・

 

海苔は柔らかめで、あまり存在感はありません。風味もあまりないし。

 

玉ねぎと醤油は合わないですね、両方主張が強い感じがします。玉ねぎはやっぱり鶏ガラを使った塩味のスープによく合います。

 

玉ねぎを使う時はよほどスープの出汁がしっかりしていないと中途半端に終わってしまいます。

 

味は・・・うーん、まぁ、普通かな。えびすやの方が好きですね。ここの玉節麺は絶品ですよ!玉ねぎの使い方は見本的だと思います。

 

器の半分にも満たないんで、量も少なく物足りない感じがします。

 

松本で有名な寸八の系列店ということですけど・・・

 

入り口付近の飾られた花

 

入り口付近には、開店を祝うお花も。

 

寸八はいつ前を通っても行列ができてる人気店なんですけどね、でも正直言ってぼくはあまり好きじゃありません。濃厚な醤油豚骨はぼくには合ってないですね。

 

まぁ、味覚は人それぞれですからね。もちろん、マズイ!なんて否定する気はありませんけど。

 

駐車場はほぼありません。スーパーに停めない方がいいですよ。

 

まるみつ中華そばの場所は、以前「やす葉」っていうラーメンがあった場所です。駐車場はほぼありません。2台くらい停められるのかな?近所に有料の駐車場はありません。

 

近くのデリシア(旧アップルランド)の駐車場に車を停めて食べに行かない方がいいですよ。まるみつ中華そばの開店に合わせるように警備員が立っています。多分注意されると思います。

 

まるみつ中華そば:

長野県松本市宮渕1-2-3

  • 松本市

 

今年も松本城で、国宝松本城氷彫フェスティバルが開催されました。

 

今回で第33回を迎えます・・・ということですが、あれ?去年で終わったと思っていたんですけど。

 

実は、2017年が見納めのはずでした。けれども、終了を惜しむ多くの声が寄せられたことから、継続することになったそうです。

 

まぁ、なにはともあれ2018年も開催されてよかったですね。

 

 

毎年コンクールを開催して、優勝者を決めています。今年も国内外から多くの選手が集まり、全国氷彫コンクールが無事開催されました。

 

2018年の氷彫コンクールは、国内トップレベルの選手たちが集まる「チャンピオンシップ」を開催し、新たな試みとして、若手選手たちによる「プレイベント」も実施されました。

 

 

これだけの氷の彫刻を作るのって結構大変です。チェーンソーで簡単にできると思ったら大きな間違い!

 

実は前日の寄るからほぼ徹夜で氷彫を制作します。そしてズラリと並んだ美しい氷の彫刻が国宝松本城を早朝から彩ります。

 

ぼくは見たことがないんですけど、完成して間もない早朝限定で氷彫のライトアップが行われるそうです。それがまた圧巻だということです。

 

 

馬に乗った戦国武将です。松本城によく合いますね。

 

天気が良いとせっかくの氷彫も溶けてしまいます。

 

 

なぜか氷彫フェスティバルの日って天気が良い日が多いんですよね。

 

太陽の光に照らされて、見る見るうちに氷が溶けていくのがわかります。

 

 

松本は、冬の間って晴れの日が多いんですよね。

 

 

国宝松本城氷彫フェスティバル
会場:松本城公園

松本駅前広場でも開催してます。

  • 松本市

長野県護国神社内の絵馬

 

松本市には長野県護国神社があります。ここには毎年、干支が描かれた巨大な絵馬が飾られます。

 

どれくらい大きのかというと、縦2.35m✕横3.72mといいますから、畳4枚並べて少し小さいくらいだと思います。

 

11月の初旬に作り始めて、完成するのに20日間ほど費やしたということです。

 

この絵馬は1年間、つまり次の絵馬が飾られるまでここで見ることができます。

 

干支が描かれた巨大な絵馬

 

絵馬全体がピンク色をしています。そこに描かれている猪もピンク色をしています。ちょっと可愛い感じですね。

 

よーく見ると赤い小さな子供の猪も描かれています。なにやら飛び跳ねて遊んでいるようです。全部で90頭ほどいます。

 

護国神社っていうくらいですから、戦争に散った精霊を祀っています。お硬い感じで、さぞ格式のある干支が描かれていると思ったんですけど、全然違ってました。

 

2015年羊の絵馬

 

2015年の護国神社の絵馬

 

こちらは2015年の正月すぎに撮った写真です。こちらも羊がびっしりと描かれています。

 

同じ女性の人がデザインしているようです。

 

長野県護国神社は松本市にあります。

 

長野県護国神社

 

護国神社っていうと各県に1つずつあって、だいたい県庁所在地にあるらしいのですが、長野県では松本市ににあります。

 

自衛隊駐屯地、日本銀行なども県庁所在地の長野市ではなく松本市にあります。そのことは松本市民の密かな誇りでもあります。

 

 お正月に参拝者を迎える準備は万端

護国神社の屋台

 

寂しくポツンと屋台が並んでいました。ずいぶん準備がいいですね。

 

とにかく静かで誰もいませんでした。きっと正月は多くの人で賑わうんでしょうね。

 

長野県護国神社:

長野県松本市美須々6−1

 

キッセイ文化ホールの近くです。

  • 松本市

黒門の門松飾り

 

松本城の正門にあたる黒門にも立派な門松が据え付けられました。

 

今年もよく松本城へ行きました。松本市民なら年に数回は訪れると思います。

 

松本市が開催するイベントのほとんどは松本城を会場とするのではないでしょうか。

 

氷の彫刻がズラリと並ぶ城氷彫フェスティバル、桜の季節の夜桜会、ビアフェス、古流砲術演武、太鼓まつり、月見の宴、そば祭り、鷹狩・・・毎年30程度のイベントを松本城で開催してます。

 

門松飾りも松本城で開催される冬のイベントの1つです。

 

太鼓門の門松飾り

 

太鼓門の門松飾り

 

こちらは太鼓門の門松飾りです。お城の東側にあります。

 

立派な門構えには、これくらいの門松飾りがよく似合いますね。重々しく威厳が漂う雰囲気です。

 

高さは3メートルあります。黒門は3.5メートルあるそうですから、太鼓門の方が若干低く作ってあります。

 

松・竹・紅梅・杉などを材料として、地元の造園業者の庭師が作ったそうです。

 

冬の準備、冬囲いや雪吊りもされてます。

 

北アルプスと松本城と冬囲い

 

雪吊りも毎年恒例の行事です。

 

ご存知のとおり、雪の重みで木の枝が折れるのを防止するするために雪吊りをします。

 

住民有志でつくる松本古城(こじょう)会の会員が中心となって、この雪吊りをするそうです。

 

この日は天気もよく、北アルプス、松本城、冬囲いの3点セットを楽しめました。

 

こんな日に訪れた観光客はラッキーですね。一年で一番美しい季節だと思います。

 

桜が満開になる松本城も美しいですが、ぼくは頂きが雪に覆われた北アルプスを背景に見る松本城が一番美しいと思います。

 

松本城の木々の冬囲い

 

等間隔で放射状に広がった白くて細い糸が美しいですね。日本の伝統美ってこんなところでも楽しめます。頭についている藁の塊も何か意味があるんでしょうね。

 

雪吊りに雪が積もったらキレイでしょうねぇ!その頃にまた見に訪れたいと思ってます。

 

新年は1日から松本城は開場されます。3日は国宝松本城新春祝賀式が開催され、ピンバッジが配布されるそうです。コマ回し大会、羽根突きなどもおこなわれるようです。

 

ピンバッジほしいけど、実家に帰っているからいけません。残念です。

  • 松本市

 

 

実は、以前も小木曽製麺でそばを食べたことがあるんですけど、その時はマズかったですね。

 

店によって違うのか、作る人によって違うのかは分かりませんが、今日たべたそばはまぁ美味しかったですよ。

 

その辺の人気店よりも美味しかったと思います。

 

観光で来られた人には雰囲気的にはおすすめできませんけね。

オープンバスに乗った山雅の選手達

 

松本市には、J2のリーグに所属する松本山雅(やまが)というプロのサッカーチームがあります。

 

なんと今年J2で優勝し、来期からは晴れてJ1に昇格することが決定しました!

 

バンザーイ!パチパチ・・・ていうことで12月9日、松本市内で盛大なパレードを開催することになり、見に行ってきました。

 

パレードを見に来た沿道の人

 

いやはや、ホントにスゴイ人です。5万人以上が見に来たといいますから驚きです。一体どこから集まったんでしょうか。松本市民が約23万人ですから、塩尻や安曇野からも来てるんでしょうね。

 

松本山雅といっても全国的な知名度はイマイチです。しかし、オラが町のサッカーチームとして市民の多くがサポーターとして応援してます。この日は地元のケーブルテレビでもパレードの様子を生中継していました。

 

パレードが始まる前の千歳橋の様子

 

信濃毎日新聞の松本支局をスタートして、松本城をめざします。まだパレード開始30分以上も前だと言うのに、既に沿道は熱気に包まれています。

 

ここは千歳橋付近です。パレードがやイベントが行われると必ずといってよいくらいここを通過します。

 

いよいよ松本山雅J2優勝&J1再昇格パレードスタート!

 

横断幕を持ってパレードスタート

 

いよいよ松本山雅J2優勝&J1再昇格パレード開始です。

 

J1!と書かれた横断幕を先頭に、松商学園のバトントワリングが後ろに続きます。

 

ガンツくんとミス松本

 

マスコットキャラクターのガンツくんです。松本山雅の社長とミス松本も続きます。

 

さすが田舎のパレードですね。田舎ではこういったミス○○ってまだまだ存在が大きいようです。都会では、性差別とかなんとかであまり盛んではありません。

 

反町監督がオープンカーに乗って登場

 

オープンカーに乗った反町監督

 

こちらが反町監督です。あちこちから「優勝おめでとうございます!」の声が聞こえてきます。それに反町監督も笑顔で応えてくれました。

 

今年はリーグ戦開幕当初は連敗して、とても優勝が狙える位置ではなかったんですけど、よくぞそこから盛り返してくれました。

 

オープンバスに乗った松本山雅の選手達

 

続いてオープンバスに乗った選手たちのパレードです。

 

実はJ1昇格は今回が2回めです。前回は1年でJ2に降格という憂き目に会いました。

 

前回のパレードはお祭りに使う山車に選手が乗って見世物のようなパレードでした。さすがにアレは、おかしいということで止めたんでしょうか(笑)

 

【松本山雅J1昇格の祝賀パレード】悲願のJ1昇格を成し遂げて地元のテレビでも生中継

 

選手が乗ったバスと沿道の人達

 

そして、その後は優勝報告会を開催するため、一路松本城へ向かいます。

 

大きなイベントはだいたい松本城内で開催されます。J2優勝の報告会とも例外ではありません。

 

選手達が乗ったバスの移動にあわせて沿道の人達もゾロゾロとついていきます。

 

松本城でJ2優勝の報告会、松本での大きなイベントは決まって松本城

 

松本城でJ2優勝記念グッズ即売会

 

松本城では記念グッズの即売会です。マフラーや帽子、Tシャツや優勝記念トレーナーなどが販売されていました。

 

長蛇の列です。これだけ飛ぶように売れたら気持ちいいですよね。

 

サッカーアルプちゃんストラップを100円で2個ゲット!

 

アルプちゃんストラップ

 

松本観光コンベンション協会で、本当は540円する優勝記念ストラップ「サッカーアルプちゃんもストラップ」が、なんと100円で売られてました!

 

松本市のゆるキャラ「アルプちゃん」がサッカーボールを蹴っています。

 

限定500個の販売なんですが、市民タイムスで事前告知されていたので、買えるかどうか不安でした。9:40ごろ到着して無事ゲット!1人2個までということで、さっそく2個購入!

 

今回も楽しいパレードでした。松本山雅J2優勝&J1再昇格おめでとうございます。前回のように1年でJ2に戻ってきませんように!

 

誰もが心の中でそう思ってるのではないでしょうか。あえて口には出しませんけど(笑)

  • 松本市

登山用シューズ

 

せっかく松本に住んでいるんですから、毎日北アルプスを眺めているだけではなく、実際に登ってみよう!なんて思いが最近ふつふつと湧き上がるようになりました。

 

実は、1年以上前から登山を考えてはいたんですけどねぇ・・・リュックを用意して、登山グッズ販売店が主催する山歩きコースに申し込んだ矢先に扁桃腺付近が腫れて入院、一旦計画は頓挫して現在に至っております。

 

詳しくは⇒扁桃腺の周辺が腫れて生まれて始めて入院しました

 

で、今度は絶対に登山するぞ!ってことでまずは安曇野のモンベル(mont-bell)で登山靴を購入しました。

 

モンベルのFさん、とっても親切で素人でもわかるように丁寧にアドバイスしていただきまして、誠にありがとうございました。

 

このFさん、接客業には珍しく笑顔ほとんど無し。無表情で淡々と説明してくれます。けれど無駄な愛想笑いがないので逆に紳士的です。

 

登山に適した服装や下着、靴下の種類など何を聞いても真面目に答えてくれます。しかも的確に詳しく、手を抜くこともなく説明してくれました。

 

試しに靴を履いてみました。

 

険しい山道を登るにはやはり足元が重要になります。靴の選び方次第で疲れ方も全然違います。

 

靴選びにあたって、まずは足の採寸です。専用の計測器っぽい機械で左右ともに測ります。足の長さ+5ミリ程度の大きさがベストとのこと。

 

そして店に置いてある靴下に履き替え、実際にはいてみます。どうやらぼくは足の長さに比べて幅があるようで、幅広シューズを選択。

 

そのまま靴をはいて、店内に用意してある斜面の模型を登って降りて、次はカニ走り。靴がズレないことを確かめます。同時にフィット感もチェック。

 

店内に置いてある「斜面の模型」って子どもが遊ぶために置いてあるんじゃないんですね。

 

Fさんは、ぼくが初心者だからと言って、決して軽く見ることもなく、手を抜くこともありません。真面目な姿は好感がもてます。靴紐は左右とも熱心に結んでくれました。

 

質問には丁寧に答えてくれて、ある意味プロ中のプロといった感じです。

 

靴下は厚手のものでポリエステルあるいは天然ウールがいいんですね、全く知りませんでした。

 

靴の種類でも登山用とウォーキング用があるなんてことも知りませんでした。

 

山を登る時、下る時で紐の縛り方を変えると疲れにくいらしいです。下る時はきつめ、登りは緩めがいいそうです。

 

このFさん、聞けば登山を初めて7年~8年くらいとのこと。特に自慢話をすることもなく、必要以外の会話は一切なし。見るからに、山が大好き!って感じです。

 

Fさん、次にウェアとか買う時はまたあなたを尋ねていきますよ。

 

そんなことで思いは膨らみます。いきなり穂高や常念岳なんてとんでもない。近所の光城山という800メートル級の山を登ってみます!

 

さて、いつ登ってみようか!

 

  • 松本市

蕎麦倶楽部佐々木

 

土日ともなると観光客で長蛇の列ができるのが蕎麦倶楽部佐々木です。

 

とはいえ、そばの味はごく普通です。ここまで並んで食べるほどのそばではないとぼくは思います。もちろん味覚は人それぞれですからね、美味しいと感じる人も多いはずです。

 

蕎麦倶楽部佐々木のお品書き

 

しかも値段が高い!もりそば一杯1,000円なんて、一体どんなそばかいな!?

 

「松本で美味しいそば屋さんはどこですか?」って知人によく聞かれますが、松本市内では美味しいそば屋さんはほとんどありませんね。

 

少し郊外の安曇野へ行くといくつかあるんですけどね。

 

そばの味はイマイチ、特に美味しいモノでもありません

 

蕎麦倶楽部佐々木のそば

 

出てきました、1,000円のもりそばです。

 

まぁそれなりに見栄えもよくって美味しそうですね。でもごく普通です。

 

そばのアップ写真

 

「オマエ、えらそうなこと言うけど、10割そばの良さがわかんないんだろ!」なんて言われそうですけど、くれぐれも申し上げますと、味覚は人それぞれです。はい…

 

そばの美味しさは、そばの実の香りと、食べたときの歯ごたえだと思います。

 

蕎麦倶楽部佐々木のそばは良いものを使っているので味はいいです。そばの香りが十分あるので、それなりに美味しいと思います。

 

けれど歯ごたえはイマイチですね。茹で方が悪いのか、そばうちがイマイチなのかわかりませんが、まぁ普通です。

 

店内はモダンでレトロな雰囲気、都会の人が喜びそう

 

蕎麦倶楽部佐々木の店内の様子

 

店内はモダンな感覚とレトロな感覚をあわせ持つ独特のよい雰囲気を醸し出してます。これな観光客が喜びそうです。

 

家具も風格があって凝ってますね、いかにも都会の人が喜びそうです。

 

あ、そうそう、蕎麦倶楽部佐々木の前に中華料理「広東」っていう店があるんですけど、こっちの方が美味しいですよ!地元の住民の中では広東の方が有名です。

 

蕎麦倶楽部佐々木の長蛇の列に嫌気が差したら是非広東へ行ってください。手作りの杏仁豆腐が絶品です。一度食べてみる価値は十分にあります。杏仁豆腐の概念を覆してくれるほどの美味しさですよ!

 

蕎麦倶楽部佐々木

松本市大手4丁目8-3