年別:2017年
  • 松本市

七部咲きの松本城の桜

 

松本は終日雨の予報だったんですが、朝から晴天に恵まれて最高気温がいっきに23.6度まで上昇!松本城の桜も眩いばかりの春の日差しを浴びて、ようやく七分咲きまでこぎつけました。

 

松本市民の誇りであり自慢でもある松本城が美しく輝き、多くの観光客で賑わい、松本市民の頬が一番緩む季節です。

 

ちなみに7分咲きというのは、地元の超ローカル新聞「市民タイムズ」にそう書いてありましたのでおそらく間違いないでしょう。

 

松本城は家から歩いて15分ぐらいで行けるので、今日もまた桜見物に行ってまいりました。

 

七部咲きの松本城の桜

 

そして、やはり城内へと向かいました。天守閣へ行くにはチケットが必要ですが、城内までは無料で入れます。

 

桜の木は決して多くないので、撮影するポイントは限られています。

 

静かに花見を楽しむのが松本城の流儀?

 

七部咲きの松本城の桜

 

ブルーシートの上でお弁当を食べている団体は時々見かけますが、飲んで歌って踊っているドンちゃん騒ぎのシーンはまず見かけることはありません。

 

それに、露店が全く出ていないのも松本城の特徴です。露店が出ているとなんとなく賑やかな感じがして決して嫌いじゃありませんが、発電機の音がうるさかったり、ゴミが散乱していてイヤな思いをすることもあります。

 

あくまでも静かに上品に花見を楽しむのが、この松本城の作法のようです。

 

写真には写っていませんが、今年は特に外国からの観光客が多いようです。今年は開花が10日以上も遅れたんですがタイミング良くこの時季にこれた観光客の方はホントにラッキーだと思います。

 

来週あたりには満開になりそうです

 

七部咲きの松本城の桜

 

お堀の周囲にある桜も満開です。まだ満開になったばかりなので花びらがほとんど散っておらずお堀に浮いていません。

 

月曜から風が強くなって天気が荒れる予報です。せっかく咲いた桜には無情の風となって、きっとお堀をピンク色に染めることでしょう。

 

あぁ、お願いだから風よ!優しく吹いてね。お堀をピンク色に染めるにはまだ早すぎる!雨が降るなんてとんでもない!

 

さて、月曜はほぼ満開になっていると思います。ヒマなんでぶらぶらと歩いて桜を見に行く予定です。

  • 松本市

兎川霊瑞寺にある老しだれ桜
松本市の郊外、里山辺にある兎川霊瑞寺(とせんれいずいじ)では老しだれ桜が一足早く満開になっています。

 

城下町として発展した松本には市内のいたるところにお寺や神社があります。お寺や神社にはやはり桜が似合いますね。

 

樹齢200年ほどの老しだれ桜は今が満開

 

兎川霊瑞寺にある老しだれ桜

 

樹齢200年ほどの老しだれ桜は今が満開です。

安養寺のしだれ桜は現在の樹齢が500年ほどといいます。一般的なソメイヨシノは寿命が50年ほどといいますから、しだれ桜って寿命が長いんですね。

 

背が低く横に広がったしだれ桜は、枝が花の重さに堪えきれない様子で、何本かの木の柱で下から支えられています。

 

訪れる人も少なく、時々近所の人が散歩の途中で寄ってはスマホで写真に収めています。

この日は1日雨の予報でしたが、午前中少し雨が降った程度で午後からは陽が射していました。やはり桜には青空が似合います。周囲の松の濃い緑も鮮やかです。

 

しだれ桜に囲まれた可愛い狛犬を発見

 

兎川霊瑞寺にある老しだれ桜

 

注意して見ると中には狛犬が隠れています。こちらを睨んでいますが、威嚇している様子は心なしか緩んでいるような気がします。なんとも微笑ましい狛犬です。

 

兎川霊瑞寺にある老しだれ桜

 

幸せな狛犬ですね。きっとこの場がお気に入りで、離れたくないでしょうね。

 

実は向かって左側にも狛犬が鎮座していますが、まったく桜がないので誰も見向きもしません。少し可愛そうです。

 

駐車場がありますが、数台停められる程度です。夜間はライトアップもしているので是非お立ち寄りください。

 

松本には桜の名所がまだまだたくさんありそうです。短い期間ですが、回れるだけ回って写真に収めておこうと思います。

  • 松本市

松本駐屯地創設記念祭

 

松本には松本駐屯地と呼ばれる自衛隊の駐屯地があります。

 

毎年、桜の咲くこの時季に松本駐屯地内で創設記念祭が開催され、日頃の活動・訓練、装備品などを理解してもらうために基地内が県民に開放されます。

 

当然ですが、入り口にはいつもは迷彩服を着た隊員が複数人立っていて、入場するのに厳重なチェックがされ、一般人ではまず入ることができません。

 

実はサラリーマン時代、仕事で2回ほど松本駐屯地の中に入ったことがあります。屈強な男達が睨みつけるように守衛として立っていて、3回ほど受付を済ませてようやく目的の部署へ行くことができました。警戒が厳しくて中に入るのはホント大変なんです。

 

今日は正門も全くのフリーパス、そのまま睨みつけられることもなく徒歩で入っていけました。信じられません。感動ものです。

 

若い隊員による威勢のよいアルプス太鼓が響き渡る松本駐屯地

 

松本駐屯地創設記念祭

 

今年は4月15日に開催されました。実は昨年は熊本地震の影響で直前になって中止になったんです。そのため今年は2年ぶりの開催です。

 

威勢のよいアルプス太鼓の響きが広い松本駐屯地の隅々まで広がります。若い隊員の叩く太鼓は迫力満点です。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

松本駐屯地内は露天が多く出ていて多くの人で賑わっています。この日は小雨まじりのあいにくの天気だったんですが大盛況です。地元の人はほんと毎年楽しみにしているんです。

 

普段は買えない自衛隊グッズの即売も

 

松本駐屯地創設記念祭

 

普段は立ち入ることができない隊員専用の売店で買い物をすることもできます。身動きがとれないほど混雑していました。

 

ズラリと並んだ迷彩色のリュック!圧巻です。いつもカラフルでおしゃれなカバンやリュックを探している一般の人にとっては少し戸惑ってしまいます。

 

お菓子や歯磨き、鉛筆、ノートなどの日用品からテント、コンパス、水筒などのアウトドアグッズもたくさん並んでいますが、ほとんど全て迷彩色です。

 

お目当ての品があるのなら、午前中に行かないとほとんど売れてしまいます。しかしこのリュックはほとんど売れ残ってました。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

こんなモノまで売られているんですね!全国の観光地へ行くと売られているご当地キューピーちゃんです。帝国陸軍シリーズというネーミングが素晴らしい。

 

日章旗を背景に可愛い顔で敬礼しながら、キリッとした眉や真一文字の唇、おお!頼もしい!どこかの国が攻めてきたら、頼むよ!キューピーちゃん。日本を守っておくれ!

 

他にも何種類かあって結構売れていました。

 

最新兵器を間近で見ることも!実際に乗ることもできます。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

広い松本駐屯地内にはヘリコプターや戦車などが展示されています。もちろん実践で使われる現役バリバリの兵器です。決して旧型とか展示品というワケではありません。

 

自由に中に入って動かすことができます。なんてワケありません。

アメリカ映画で見たことがある対戦車用のヘリコプターです。地上からの攻撃をかわすために横幅が薄く、2人しか乗れないようです。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

こちらは物資や人の輸送用に使われるヘリコプターです。昨年の御嶽山の災害の際に救助用にも出動したということです。

頼もしいヘリコプターです。これからも人命救助に活躍してください。

 

遭難救助でも活躍した最新鋭ヘリの操縦席

 

松本駐屯地創設記念祭

 

なんとこのヘリコプターは中に入ることができます。これがコックピットです。バインダーが置いてあったりして、今さっきまで動いていた様子が感じられます。

 

天井が低いので注意してくださいね。多くの人が頭をぶつけていました。ちなみにぼくも頭をぶつけて、大きな音が響いて外にいる人まで大笑いしていました。

 

他にも現役の最新鋭機がいっぱい

 

松本駐屯地創設記念祭

 

奥の赤十字のマークがついた車両は医療用設備が整った救護車両です。中には手術台もあります。

ちなみに自衛隊というと世界各国どこも同じですが、右手中指の先端をこめかみ辺りに当てる敬礼が一般的に行われています。

今日は一般の人が相手なので、一切その敬礼を目にすることはありませんでした。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

地対空誘導弾を発射するということです。地上からミサイルを誘導して適確に目的地に到達させるという、いわばリモコン式のミサイル発射装置です。

最近はスマホでもGPS機能が普通についているぐらいで、ごく一般的な機能だということです。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

六輪の装甲車です。燃費悪そう~。とにかくタイヤがデカい。一体重量はどれくらいあるのでしょうか?

ちょうど隊員が2人乗って基地内を走行していました。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

おぉ、カッコイイ!小さなアンテナがついています。ガスを感知する能力があるということです。時々高速道路でこの車が走っているのを目にします。

 

しかし、これで町中を走ったら目立つでしょうね。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

時々この映像をテレビで見ますよね。よく似た発射装置がPAC3とかPAC4なんて呼ばれていると思います。ロケットを撃ち落とすための装備だということです。湾岸戦争で活躍したものと同じということです。

きっと値段も高いんでしょうね。

 

松本駐屯地創設記念祭

 

小さい子供を乗せて記念撮影。誤ってボタンを押して実弾が発射されるなんてことはないでしょうけどね。

 

やっぱり日本は平和ですね。自衛隊は災害復旧で活躍する時代が一番平和なんだと思います。自然災害で活躍する自衛隊員は頼もしく感じます。

  • 松本市

松本城夜桜会

 

松本で花見と言えば、もちろんここ松本城ですね!

 

開花宣言が出されたとは言え、満開まではほど遠いのですが、4月13日から松本城夜桜会が開催されています。この夜桜会の期間中は夜間お城の庭園に無料で入ることができます。

 

まだ6分咲きといった松本城の桜ですが、この先数日間は雨の予想なので、少し早めに見に行ってきました。

 

桜の季節になると松本市内は大渋滞

 

毎年この時季になると、松本市内は観光バスや他府県ナンバーの車で若干渋滞気味になります。特に高速道路のインターからお城の駐車場までは1日中渋滞します。

 

そのため近所のスーパーへ買い物に行くにもいつもと違った裏道を選ばないといつまで経っても帰ってこれなくなります。

 

松本城夜桜会

 

桜の種類によっては既に満開になっているものもあります。庭園内の八重桜は既に満開になっていました。夕暮れ時の深い青空に、ほんのりと淡いピンク色の花びらがよく映えます。

 

松本城夜桜会

 

松本城は地元の人は誇りを込めて「国宝松本城」と呼びます。

 

松本城にはボランティアでガイドをしている年配の方が大勢いるのですが、ガイドの際、必ず「国宝松本城」と言います。

 

毎回毎回、「国宝」と付けて呼ぶので、「しつこい!」とクレームになったことがあるとかないとか…まぁそれだけ地元の人の誇りということなんでしょうね。

 

生演奏も楽しめる松本城夜桜会

 

松本城夜桜会
松本城には月見櫓(やぐら)といって、その昔、能を演じたり月見をするために作られた別室のような部屋があります。

 

そこで、フルートや琴の生演奏をしています。これがなかなか情緒たっぷりでいいんです。

「春の~うららの~隅田川~」定番ですけど、これを聞くと春が来たことを耳から実感できますね。

 

目でも耳でも春を楽しめるのが松本夜桜会です。それから、お茶会もやってますから舌でも春を楽しめます。

 

お堀の周りが一番の桜の見どころです

 

松本城夜桜会

 

こちらはお堀の外から見た松本城です。ライトアップされて浮き上がる松本城が美しい!

観光で来られた方は、城内だけ見て帰ることも多いようですが、是非お堀の周りを歩いてください。1周30分ほどで回れます。

 

城内には実は桜は少なく、ほとんどはお堀の周りにあるんです。

 

松本城夜桜会

 

ライトアップされて、まるでモノクロ写真のように浮かび上がる松本城です。

壁のほとんどは黒いのですが、ところどころにある白い部分だけがくっきりと浮かびあがります。

 

青空を背景にした松本城ももちろん美しいのですが、ライトアップされた松本城もまた違う一面を見せてくれます。

 

松本城夜桜会

 

松本城外堀の桜並木がライトアップされ、「国宝松本城桜並木光の回廊」と呼ばれています。

 

残念ながら、やっぱりまだ6分咲きなので水面に映る桜もちょっと物足りない感じはします。16日ぐらいに満開になるようなので、改めてまた行きたいと思います。

 

この時季の松本はまだ寒い日が続きます。夜桜を楽しむために来るのであれば完全防寒でお越しください。

 

しかし、まだまだ寒い日が続きそうです。

  • 松本市

あがたの森公園のしだれ桜

 

東京では既に満開の時季を過ぎた桜ですが、ここ信州松本ではようやく開花宣言が出されたばかりです。

 

やはり今年は開花が遅れているようで、例年よりも10日以上遅いようです。

 

4月13日より松本城公園で桜まつりが開催されていますが、まだまだ肌寒く満開までほど遠いといった感じです。

 

しかも開花宣言が出された翌日は朝から雪が降ってました。雪ですよ!雪!観光で来られた方には信じられない光景だと思います。桜が満開の松本城を期待していたのに、まさか雪の松本城になるとは!

 

春まだ遠い信州です。すぐそこまで来てるんですけどね。

 

毎年松本市内で一足先に満開を迎える若いしだれ桜

 

そんな中で人知れず満開を迎えている桜があります。あがたの森公園の中にあるしだれ桜です。

 

あがたの森公園は、重要文化財の旧松本高等学校の校舎と、それを取り囲むように巨大なヒマラヤ杉がそびえ立つ市民の憩いの広場です。夏場でもヒマラヤ杉が強い日差しをほどよく遮るため、柔らかく心地のよい日陰を演出してくれるステキな空間です。

 

ドラマや映画のロケ現場としてもよく利用されるようで、運が良ければ撮影シーンを目の当たりにすることもあります。

 

数年前の話しになりますが、NHKの朝ドラ「おひさま」もここでロケが行われていました。

 

幹は細く、まだ若く元気の良いしだれ桜

 

あがたの森公園のしだれ桜

 

そんな重要文化財の旧松本高等学校の裏庭にはしだれ桜が1本あります。訪れる人も少なく、街の雑踏とは無縁な静かな場所です。校舎があって陽を遮るため午後からは少し薄暗くなります。

 

しだれ桜といってもまだ幹は細く樹齢は若いようで枝がダランと垂れているほどでもありません。純白に近い花びらは一枚一枚にしっかりと張りがあります。

 

訪れる人もまばらですが、みな偶然この桜を見つけたのではなく、最初からこの桜の存在を知っている人がほとんどのようです。きっと地元の人なんでしょうね。しばらく見入って「あぁ今年も早く咲いているね」とスマホで何枚か写真を撮ってここを去っていきます。

 

あがたの森公園のしだれ桜

 

近くで見ると、枝にいっぱい花が咲いています。まだ若い木なので貫禄まではありません。どちらかと言うと勢い余って咲きまくっている感じです。

 

しだれ桜というと遅咲きのイメージを勝手に抱いていたんですが、きっと元気が有り余ってるんでしょうね。周りに桜がほとんどないので、いつ咲いてよいのか分からず咲いてしまったのでしょうか?

 

しだれ桜につられてもう1本の桜も咲き始めています

 

あがたの森公園のしだれ桜

 

校舎のすぐ横に旧制高等学校記念館というレンガ造りの建物があり、そこに実はもう一本桜があります。写真向かって右側の桜です。

 

こちらも比較的若い桜ですが、しだれ桜につられて咲いてしまったのでしょうか?少し時期尚早ですね。

 

庭園はよく整備されていて素敵な空間です。おすすめの花見スポットです。

この先もずっと早咲きを期待してますよ!